尺八 金野鈴道                         KONNO REIDOH

SINCE June.16.2001





− 鮮やかな緑のグラデーション −
− 生命の躍動、美しい日本の四季、梅雨から盛夏 −

− 巡る暦。大自然の歓喜・悠久の輪廻循環(リズム) −

瞬時瞬間・完全燃焼!
2017年(平成29年)文月七月、音色の深み・・極まる・・・。



パソコン
による尺八縦譜の実用化!詳細はこちら・・。
また、徒然綴りetc(Album)に最新更新情報掲載。






◆ロシア・モスクワ音楽院から、尺八単独招聘受ける!

チャイコフスキー記念モスクワ音楽院から尺八単独招聘。

モスクワ音楽院主催コンサート「日本の心」
2015年11月22日いい夫婦の日
モスクワっ子に丁寧に「日本の魂(にほんのこころ)」をプレゼンしてきました。


↑↑(クリックすると拡大表示)











尺八■その幽玄なる深い音に魅せられて 

本物の音との邂逅
苦学の新潟での学生時代。
アルバイトで費用を捻出し、聴きに行った長野市での『尺八三本会』。
そこで出会った衝撃の音。
青木静夫(現人間国宝青木鈴慕)師の八重衣!
冒頭部分の乙ロ筒音の地を這うような、重厚な音。
何トンもあるような重く果てしなく厳しい音の波が足元に流れ込んで
みるみる身体全体を浸らせたのでした。
キリリとした品格と男らしいダイナミズム、繊細で優しさ溢れるハ五の音操作。
この世のものとは思えぬ流麗な音のそよぎに、28分の演奏時間は短く
終演後はブルブルと体が震え、完全に舞い上がっていました。
尺八を演奏(やる)ならこれだ!!

爾来、その音色追及の長い旅が始まりました。

座右の銘

一番好きな言葉 : 瞬時瞬間・完全燃焼!


共鳴する詩 : サムエル・ウルマン【Youth−青春の歌−(岡田義夫訳】から
           人は信念とともに若く、 疑惑とともに老ゆる
              人は自信とともに若く、 恐怖とともに老ゆる
                  希望ある限り若く、 失望とともに朽ちる


学生時代
新潟から、月に1度、『特急とき』に乗って片道5時間、新宿大久保の稽古場へ30分のレッスンに通う。
周到な事前準備と、上りの車内デッキ・洗面所での練習。
パフォーマンスと間違われ小銭をいただいたことも。
一言も聞き漏らすまいと必死、一音も逃してなるものかと録音。
帰路、下りの車内での復習と反復練習。
「うるさい、あっち行けッ」と邪魔にされ、ぶつぶつと視唱に切換え。
充実の学生時代。





■ 【 関連サイトなどへのリンク 】
   各種関連サイトへのリンク集は最上段バナー「etc」ページに詳述してあります。


人間国宝【 青木鈴慕師 】のホームページ




■尺八・琴古流尺八・尺八古典本曲・邦楽・三曲・音楽・ジャズ
  千葉県・千葉・船橋市・船橋・NHK・北総線・小室・千葉ニュータウン・白井・印西・八千代
  金野・金野鈴道・鈴道・



お便りお待ちしております
Mail to 金野鈴道  Reido.konno@mbp.nifty.com
※上記メアドは対スパム対策用表記です。送信の際は最初の「R」を半角英数小文字に修正下さい。
※これは不特定多数の公開用メアドです。  本メアドは二三度メール交換ののち、お知らせします。

■このページのトップに戻る